メディア掲載

HOME > メディア掲載
メディア掲載
  • 媒体名

    多忙につき当ページ更新できていませんが、最近のメディア活動についてはトップページ下段のNEWS欄をご参照ください。

  • タイトル

  • 日付

  • 内容

  • 媒体名

    月刊Type

  • タイトル

    稼ぎ出す人の秘密を探る ビジネスセレブの仕事哲学

  • 日付

    2008年3月号

  • 内容

    仕事内容や仕事上の哲学に関してのインタビューを受けました

  • 媒体名

    日本テレビ NEWS24 「闘論」

  • タイトル

    外資とどう向き合うか? ~空港外資規制に見る“開かれたニッポン”~

  • 日付

    2008年2月21日

  • 内容

    参加者 自民党参議院議員・根本 匠氏、自民党参議院議員・世耕 弘成氏、自民党衆議院議員・稲田 朋美氏、前参議院自民党幹事長・片山 虎之助氏、慶応義塾大学経済学部教授・金子 勝氏、日本総研 調査部長・藤井 英彦氏、ワクワク経済研究所LLP・保田 隆明  前半VTRはこちら後半VTRはこちら

  • 媒体名

    月刊サイゾー

  • タイトル

    恋愛上手は、株式投資でも儲けられるって、ホント?

  • 日付

    2008年3月号

  • 内容

    「どうすれば企業の収益分析や財務分析を分かりやすく伝えることができるかと思ったときに、恋愛との相似性に至ったんです」

  • 媒体名

    週刊朝日

  • タイトル

    2008年の株式市場を予測

  • 日付

    2008年1月25日号

  • 内容

    「国内企業が相次いで来年度の業績予測を発表する4月5月が一つの節目。政局の混迷、財政の悪化など日本が抱えている問題は変わらず、海外市場が回復しても日本株のマイナス材料は消えない。構造改革が進まない限り、日経平均は15,000円程度で頭打ちではないか」

  • 媒体名

    週刊ダイヤモンド

  • タイトル

    新刊フラッシュ

  • 日付

    2008年1月19日号

  • 内容

    書評コーナー「新刊フラッシュ」にて、著書『投資銀行時代、ニッポン企業の何が変わったのか』が取り上げられました。”平成金融不況とハゲタカの登場で、企業の投資行動や価値尺度、企業での働き方に大きな変化が起きている。企業、従業員、株主の変容を理解し、自らの立ち位置を確かめるための1冊”

  • 媒体名

    日本テレビ リアルライム

  • タイトル

    マッキントッシュ 世界最薄のノート型パソコンを発表

  • 日付

    2008年1月16日

  • 内容

    i pod、i phoneというパソコン以外の商品にてマックファンを増やしたあと、マックのPC上でウィンドウズを利用できるようにして、今までマックのパソコンを使っていなかった層の取り込みを行った後での、世界最薄のパソコンの発売は、タイミング、マーケティングの巧さがうかがえる

  • 媒体名

    日本テレビ リアルライム

  • タイトル

    液晶テレビ、プラズマテレビ業界の行方

  • 日付

    2008年1月8日

  • 内容

    松下電器が150インチの大型プラズマテレビを発表。アメリカのCESのその他の企業からの発表を含め、今後の液晶、プラズマテレビ業界の行方についてコメント

  • 媒体名

    お金の新常識60 プレジデント社

  • タイトル

    知っている人だけが得する お金の新常識60

  • 日付

    2008年1月3日刊行

  • 内容

    未公開株のコーナーを担当。「未公開株詐欺の被害も後を絶たない。富裕層やベンチャー経営者のネットワークを持っている人ならいざ知らず、一般の個人投資家に、うまい儲け話が突然転がり込んでくるようなことはまずない。」

  • 媒体名

    日本テレビ 「リアルタイム」

  • タイトル

    脱メタボ弁当は売れるのか?

  • 日付

    2007年12月26日

  • 内容

    「メタボ健康診断が来年の4月から義務付けられることにより、メタボ対策弁当が次々と登場。しかし、ダイエット関連食品は登場の当初こそ売れるものの、定着しない傾向にあり、メタボ対策弁当も味、価格、見た目で通常の弁当と比較して遜色のないものにしないとなかなか厳しいと思われる」

  • 媒体名

    夕刊フジ

  • タイトル

    中東の政府系ファンドがシティバンクに出資

  • 日付

    2007年12月21日

  • 内容

    「オイルマネーはたくさんのドル資産を持っており、もし米国発の金融不況が起きてしまうと、自分たちの資産が目減りする恐れがある。今回の出資はオイルマネーの自己防衛の意味合いも大きい」

  • 媒体名

    MSN ポータルサイト

  • タイトル

    あなたならどう使いこなす?「噂のウィンドウズ・モバイル」

  • 日付

    2007年11月26日

  • 内容

    「今旬な9名にウィンドウズ・モバイルについて聞いてみました」のコーナーにて、ウィンドウズモバイルに関するコメントを提供。「頭の中をコピーしたアーカイブ」

  • 媒体名

    FM81.3 J-Wave 「Wake Up Tokyo」

  • タイトル

    新しい株式市場NEOってなに?

  • 日付

    2007年11月20日

  • 内容

    技術力と質を重視した新興市場。今までのあまちゃん新興市場とは質が違うぜ、というノリ。 運営母体が、マザーズは東証、ヘラクレスは大証だったものが、今度はジャスダックになった。新興市場への投資家が限られている現状では、新興市場の乱立はマイナス。NEOが今まで新興市場に投資をしなかった機関投資家をも引き込むぐらいの力があれば別だが。ただ、最近は年金マネーを新興市場で一部運用すべきと言う声もあり、新興市場全体としてはようやく再び前進しそうな雰囲気はある 

  • 媒体名

    R25

  • タイトル

    要点を見極めろ!「仕事のツボ」ド忘れ防止術:大事な数字をすぐ忘れる

  • 日付

    2007年11月15日発行

  • 内容

    「忘れない」ための数字ロジック・トレーニング:「大事なのは数字が合っているかではなく、その数字がはじき出される道すじを理解しているかどうか。ビジネスに出てくる計算なんてせいぜい「+」「-」「×」「÷」くらい。数字自体をムリに覚えようとする必要はありません。数字を導くためのロジックを理解すればよいのです」

  • 媒体名

    日本テレビ 「リアルタイム」

  • タイトル

    次世代DVDレコーダー商戦

  • 日付

    2007年11月14日

  • 内容

    ブルーレイとHD DVDの比較。使い勝手、価格、中身、そして今後どちらの陣営が有利になっていくか

  • 媒体名

    FM81.3 J-Wave 「Wake Up Tokyo」

  • タイトル

    冬のボーナス、4年ぶりに減少へ:その理由は?

  • 日付

    2007年11月6日

  • 内容

    企業が収益のうちどの程度を人件費に回しているかという労働分配率で見ると、確かにここ数年企業の収益に対して人件費の割合が下がってきているので、そろそろ人件費を上げてもいいかなと思ってしまうが、まだ過去の水準に比べると労働分配率は高く、もうしばらく我慢が続くだろう

  • 媒体名

    エンジニア Type (P40,41)

  • タイトル

    IT業界動向と企業分析の見方

  • 日付

    2007年10月23日発行(12月号)

  • 内容

    ITへの投資が企業の重要な経営戦略となるなかで、IT投資を有効活用するかどうかが企業の将来性を左右する時代になっています。

  • 媒体名

    FMラジオ J-Wave

  • タイトル

    キリンビールによる協和発酵買収

  • 日付

    2007年10月23日

  • 内容

    製薬の新薬開発費が大きくなる中で、規模の拡大を目指す必要があった協和発酵と、事業の多角化を推進することで成長性を模索するキリンという、両社にとってシナジーの大きい案件ではある。特にキリンはバイオ分野では、米国で有力な企業を有しており、その分野での発展が期待される。ただ、キリンビールの株主の中には、製薬事業にお金を使うよりは飲料事業にお金を使って欲しいと思っていた株主もいるかもしれない。

  • 媒体名

    日本テレビ リアルタイム

  • タイトル

    有楽町イトシアが開業で銀座、有楽町はどう変わる?

  • 日付

    2007年10月10日

  • 内容

    丸井が有楽町に出店した理由、今後の銀座、有楽町地域の経済力がどうなっていくかに関してのコメント

  • 媒体名

    日経ビジネス Associe

  • タイトル

    お金防衛マニュアル

  • 日付

    2007年10月2日発行(10月16日号)

  • 内容

    Q:日本の株価が再び急上昇することは期待できないの? A:「1年で何十%も上がる」は幻想。Q:仕組み債、仕組み預金は買ってもいい? A:必ず売り手が儲かるようになっている。

  • 媒体名

    FMラジオ J-Wave

  • タイトル

    金融商品取引法が一般消費者に与える影響とは?

  • 日付

    2007年10月2日

  • 内容

    金融機関で投資商品に関するリスクの説明が充実するとのことだが、実際は…?「そもそもリスクの説明時間が延びたところで、消費者が投資商品に関してきちんとした理解ができるとは限らず、むしろリスクの説明を受けたということで、何か問題があっても消費者が不利になる可能性もあるので、投資商品に関しては、リスクとリターンの関係をキチンと見極める必要がある」

  • 媒体名

    AMラジオ ラジオ関西

  • タイトル

    さくらのブロラジ

  • 日付

    2007年10月2日

  • 内容

    アルファブロガーということでゲストに呼んでいただきました。ブログを始めたきっかけ、ブログを書くときに気をつけていること、今の事業内容、これまでの経緯などをインタビューしていただきました

  • 媒体名

    SPA! (P5)

  • タイトル

    People This Week 安倍首相の退任

  • 日付

    2007年9月18日発行(9月25日号)

  • 内容

    エコノミストの保田隆明氏によれば、現在の政治的なドタバタは日本経済にはさして影響はないとのこと。「小泉-安倍路線によって景気回復をたわけではなく、企業の自助努力でここまできたわけですから」

  • 媒体名

    日本テレビ 『リアルタイム』

  • タイトル

    男性のオシャレビジネスについて

  • 日付

    2007年9月5日

  • 内容

    伊勢丹新宿店のメンズ館最上階リニューアルについてのコメント

  • 媒体名

    日本テレビ 『リアルタイム』

  • タイトル

    銀座の小売業界競争事情

  • 日付

    2007年8月31日

  • 内容

    9月1日のマロニエゲート開業の背景と、今後の銀座地区での小売業界の競争環境と各社の戦略についてコメント

  • 媒体名

    ダイヤモンド Zai (P11)

  • タイトル

    ブルドックTOBを再検証

  • 日付

    2007年8月21日発行(10月号)

  • 内容

    ブルドックのやり方はどう評価できるのか。ワクワク経済研究所代表の保田隆明さんは、今回の買収防衛策は過去の例に比べればよくやっていると評す

  • 媒体名

    プレジデント (P53)

  • タイトル

    お金の新常識60

  • 日付

    2007年8月13日発行(9月3日号)

  • 内容

    未公開株取引には通常の株式投資より大きなリスクが付きまとうことを最低限理解して欲しい

  • 媒体名

    週刊東洋経済

  • タイトル

    厳選!この経済本がすごい!夏で差をつける経済・経営書ベスト100冊

  • 日付

    2007年8月6日発行(8月11日、18日合併号)

  • 内容

    エコノミスト、アナリスト、学者、評論家など59人に2007年上期で刊行された本を挙げてもらいラインキング。その中で共著書『M&A時代 企業価値のホントの考え方』が、52位にランクイン。「最近話題になるM&Aに関して実務者の観点から平易な記述がなされており、参考になる」

  • 媒体名

    AERA

  • タイトル

    美「胸に花をつける男たち」

  • 日付

    2007年8月6日発行(8月13日、20日合併号)

  • 内容

    ジャケットにブートニアをつけて美を楽しむ男性が出現している。エコノミスト保田隆明氏は毎週水曜日の日テレNEWS24の番組出演時に胸に花を挿して登場する

  • 媒体名

    日本テレビ NEWS ZERO

  • タイトル

    伊勢丹と三越の経営統合について

  • 日付

    2007年7月25日放送

  • 内容

    今後、松屋、高島屋などまだ名前の挙がっていない企業を含めた業界再編は加速するはず。時価総額では三越3000億円、伊勢丹4300億円と伊勢丹の方が高い。これは実質的には伊勢丹による三越買収である。ショッピングセンター、東京ミッドタウンや新丸ビルなど、百貨店にとっての敵は大幅に増えた。旧来依然の経営では太刀打ちできない

  • 媒体名

    SPA!

  • タイトル

    村上元代表に懲役2年の実刑

  • 日付

    2007年7月24日発行(7月31日号)

  • 内容

    検察の言い分では利益をむさぼりすぎたという強欲罪で取り締まるべきなのだろうが、そういう罰則はないので無理やりインサイダー取引に持ち込んだ印象は否めない

  • 媒体名

    アエラ

  • タイトル

    特集 イケメンでわしづかみ

  • 日付

    2007年7月9日発行(7月16日号)

  • 内容

    対面販売から教育現場まで「増収増益」。エコノミストの保田隆明さんにイケメンの経済的影響と効果に関して話を聞いた

  • 媒体名

    日経アソシエ

  • タイトル

    「会社の数字」に強くなる

  • 日付

    2007年6月発行(7月17日号)

  • 内容

    「会社の値段」はどう決まるのか。算出の基本的な考え方はそれほど難しくない。保田隆明さんは、極めてシンプルな考え方を紹介してくれた

  • 媒体名

    DIME

  • タイトル

    夏のボーナス商戦 注目のメーカー9社をピックアップ!

  • 日付

    2007年6月19日発行(7月号)

  • 内容

    DIME世代のボーナス状況は確かな上昇機運を見せていますが、ボーナスは今本当に使いどきなのでしょうか?また使うならどのような商品が買いどきなのでしょうか?夏の商戦に向け、活発な動きを見せる産業界の動向を経済評論家の保田隆明さんに伺いました

  • 媒体名

    日本テレビ「NEWS リアルタイム」

  • タイトル

    新宿伊勢丹デパ地下全面リニューアル

  • 日付

    2007年6月13日

  • 内容

    経済的効果と百貨店業界に与える影響についてのコメント

  • 媒体名

    静岡放送SBSラジオ「とれたてラジオ」

  • タイトル

    アルファブロガーに関して現在の活動内容

  • 日付

    2007年6月8日

  • 内容

    番組ゲストとして出演。アルファブロガーになった経緯、現在の仕事内容、今後の活動予定など

  • 媒体名

    日本テレビ「NEWS リアルタイム」

  • タイトル

    バーガーキング日本再上陸

  • 日付

    2007年6月6日

  • 内容

    バーガーキング日本再上陸がハンバーガー業界に与える影響、勝算についてのコメント

  • 媒体名

    The Japan Times

  • タイトル

    Stage now set for Hoya Pentax tender offer in June

  • 日付

    2007年6月1日

  • 内容

    Economist Hoda agreed, saying M&As do not succeed without the support of all the stakeholders, not only the shareholders but also the employees, about the strategical significance of the integration. Hoda said many people believe M&As are the magic cure to boost corporate value, but a successful merger is not easy.

  • 媒体名

    ダイヤモンド・ザイ

  • タイトル

    再編が起こりそうな業界について:医薬品業界

  • 日付

    2007年5月21日発行(7月号)

  • 内容

    企業再編 新規参入 世界競争がわかる!M&A時代のセクター分析シリーズ(2)

  • 媒体名

    日経マネー7月号(P116~117)

  • タイトル

    M&Aと株価の関係って?

  • 日付

    2007年5月21日発行(7月号)

  • 内容

    タレント森下千里さんとの対談

  • 媒体名

    日経マネー7月号(特集P92~)

  • タイトル

    株主総会で分かる会社の良し悪し

  • 日付

    2007年5月21日発行(7月号)

  • 内容

    一見難しい言葉で書かれている議案は、いったんその意味を理解してしまえば身近に感じる。それぞれの議案についてどんなポイントを見ればいいのか

  • 媒体名

    フィナンシャル・ジャパン(特集P30~38)

  • タイトル

    「企業価値」ってなに?

  • 日付

    2007年5月発行(7月号)

  • 内容

    日本の企業と市場を取り巻く環境が激変している。そんな中、経営者にも、また投資家にも、会社の実力を測る重要な尺度として注目されるようになったのが「企業価値」なるものだ。M&Aを理解するにも、株式投資の参考とするにも重要な考え方とされる「企業価値」とは、そもそもいったいなんなのか?その基本的な考え方を、保田隆明氏に聞いた

  • 媒体名

    FMラジオ J-Wave『Wake up Tokyo』

  • タイトル

    ダイムラー、クライスラーを売却! そこから何がどう変わる?

  • 日付

    2007年5月18日

  • 内容

    今週新聞を賑わせたニュース、ドイツの自動車大手・ダイムラークライスラーが北米・クライスラー部門を売却。世紀の合併がその歴史に幕を下ろします。これによって自動車業界はどうなっていくのか?ワクワク経済研究所代表で、「M&A時代 企業価値のホントの考え方」など数多くの本を出していらっしゃいます保田隆明さんにお話をうかがいます。

  • 媒体名

    NHK「クローズアップ現代」

  • タイトル

    カリスマ続々登場!ブログ新時代

  • 日付

    2007年5月8日

  • 内容

    ネット社会で新たなカリスマが続々と登場、注目を集めている。アクセス数が月に数万を超えるブログの書き手『アルファブロガー』と呼ばれる人々だ。内容は経済分析から書評、時事・芸能ネタなど様々。自由な立場で書く、本音の情報が信頼を集めている。ブログがきっかけで、プロの経済コメンテイターや大学講師になる人まで現れた。一方、ブロガーに自社製品の宣伝を期待する企業も増加、一部で混乱も起きている。ネット社会の最前線を追う

  • 媒体名

    日本経済新聞(21面)

  • タイトル

    三角合併解禁が問うもの 企業価値見直す機会

  • 日付

    2007年5月6日

  • 内容

    「三角合併が敵対的買収に利用される可能性はどうか。保田隆明・田中慎一著『M&A時代 企業価値のホントの考え方』は「可能性はきわめて低い」と予想する」

  • 媒体名

    ヒルズライフ5月号(P15)

  • タイトル

    六本木ライブラリーの達人が実践する、縦横無尽な「知の融合」

  • 日付

    2007年5月1日

  • 内容

    「ある分野に興味を持つ百人が百通りのアイデアを持ち寄って意見交換をすれば、相当なものが発生します。一方的にマスメディアが情報発信していた時代は終わり、今はお互い双(想)発することが大事です」

  • 媒体名

    ダイヤモンド・ザイ(P92)

  • タイトル

    再編が起こりそうな業界について

  • 日付

    2007年4月21日発行(6月号)

  • 内容

    企業再編 新規参入 世界競争がわかる!M&A時代のセクター分析シリーズ(1)

  • 媒体名

    FMラジオ J-Wave『Wake up Tokyo』

  • タイトル

    5月に解禁される三角合併とは?

  • 日付

    2007年4月20日

  • 内容

    わかっているようでわかっていない・・・そんなキーワード「三角合併」。今年の5月にいよいよ「三角合併」が解禁されるんですが、そうするとどんなことがおこるんでしょうか。日本の企業は、アナタがお勤めの会社は、どうなるんでしょうか。ワクワク経済研究所代表で、「M&A時代 企業価値のホントの考え方」など数多くの本を出していらっしゃいます、保田隆明さんに教わります。

  • 媒体名

    毎日新聞 夕刊

  • タイトル

    福岡の投資ファンド清算へ

  • 日付

    2007年4月3日

  • 内容

    14億円を集めていた福岡市の投資事業組合が、出資金を2,300まんえんにまで大幅に元本割れ。保田隆明さんは「一般に、投資気宇見合いが利益を上げるには大口投資家から出資を受ける方が効率がいい。小売の配当を謳って素人の個人投資家に勧誘するケースは注意が必要」と指摘する