書籍

HOME > 書籍 > ふるさと納税の理論と実践

書籍詳細

ふるさと納税の理論と実践

地方創生シリーズ「ふるさと納税と地域経営」の姉妹本。

ふるさと納税は、世界でも類を見ない新制度。
賛否両論ある中、支持を得て寄附を集め、地方創生を実現していくために
必要な理論とその実践について、初めて解説した書籍。
"事業構想大学院大学大学が主催したふるさと納税研究会に参画した気鋭の学者2名による執筆。
自治体首長、職員のほか、総務省がオブザーバーとして参加するなど
キーパーソンが揃った中での議論の成果が、わかりやすく記述されている。