書籍

HOME > 書籍 > デキる人は皆やっている 一流のキャリアメイク術 (アスカビジネス)

書籍詳細

デキる人は皆やっている 一流のキャリアメイク術 (アスカビジネス)

年収1億か、魂焦がせる仕事か


著者コメント:
先が見えていないことに対する不安と、次に何が起こるのだろうというワクワク感。どちらに比重を置いたキャリアをあなたは望むのだろうか。キャリアは先が見えていないからこそ楽しい。


内容:
外資系金融機関2社、ゼロからの起業、ベンチャーキャピタル設立&運営、そして独立して経済コメンテーターに。様々なキャリアを経験した著者が、より高い理想をめざす若手ビジネスパースンに対して、キャリアに対する考え方と、キャリアメイクにつなげる仕事のしかた、人脈のつくり方などをサジェスチョンする。


目次:
第1章  成功キャリアは悩んで切り拓く


明日終わっても後悔しない成功人生
キャリアは自己表現、ロマンの追求だ
スゴい人にはタダ乗りしろ
オリジナルの「やりがい」
What you haveではなくWhat you don't have
今やらないと後悔する
自分を信じて待つ
年収ゼロから這い上がってみる
コツコツ積み、腐らない
仕事とプライベートは振り子


2章 あなただけのキャリアを見つける


キャリアは先が見えていないからこそ楽しい
軸のブレないキャリアをつくる
周りや世間のモノサシに惑わされない
3年で次のキャリアの土台を作る
無限の可能性を生かすも殺すも自分次第
キャリアは根元的な欲求から組み立てる
起業と独立で手に入れられるもの
評価されているところで働くのが一番
欲しいキャリアは口コミする


3章 キャリアをつくる仕事術


仕事は早く切り上げて自分の時間をつくる
仕事に見切りをつける勇気を持つ
ついつい仕事を1人で囲い込まない
長期休暇はみっちり取る
ミスへの対応力がモノを言う
質問を変えてみる
上司にはたてつく
忙しいときほど人を誘ってランチに行く
モノを教えて後輩の心を掌握する
秘書、アシスタントの強力なバックアップをモノにする
いい先入観を刷り込んでもらっておく
自分を大きく見せることも必要
上司や会社に選ばれるのではなく、選ばせる
社外交流は自分の意見の偏りを知る場
偉大なる批評家には決してならない
Give & Takeでは失敗する
異業種交流会は主催するに限る
お仕事合コンのススメ
見えない仲間、聞こえないメッセージを生かす


4章 1つ上を目指すキャリアチェンジ


人生の棚卸しをしよう
キャリアチェンジはタイミングが命
30歳、35歳、40歳が節目のとき
業界トップを目指す企業で実績を出せ
実は多い、クライアント先への転職
職能型キャリアメイクから抜けだせ
キャリアの選択で重要なのは3つだけ
レファレンスに応じる協力者を持とう
転職時の挨拶はきっちりと
起業準備は抜かりなく
退社はスムーズに穏便に
転職後はことさらじっくり行動する
始動は秘書、アシスタントとの関係構築から