書籍

HOME > 書籍 > M&A時代 企業価値のホントの考え方

書籍詳細

M&A時代 企業価値のホントの考え方

株式市場から評価される会社のお作法。三角合併解禁で、あなたの会社はどう変わるか?
機関投資家・ファンド・投資銀行の行動原理と、株主たちとの正しい付き合い方を、現場を知る著者が解説。


著者コメント:
ビジネスパーソンにとって、ますます重要度を増す企業価値、株式市場、そしてM&Aの知識ですが、中身が理解されないままに、キーワードだけが一人歩きしている感が否めません。それら知識を体系的にマスターし、ビジネスという戦場でそれを武器をして活用できるような書物を目指しました。


内容:
経済ニュースの疑問にわかりやすく答える。
いま、株式市場の周辺で何が起きているのか?
企業価値と株主価値はどう違うか?
株式の希薄化とは何か? 
ファンドはどのようにして儲けるのか
MBOの実際のスキームはどうなっているか?
     敵対的買収は果たしてうまく行くのか
     買収防衛策は有効か?
三角合併で外資による乗っ取りが増えるのか?


目次:


序章 「ファイナンシャルリテラシー」
企業を取り巻く経済環境の構造変化を知ろう


1.いま、株式市場の周辺で何が起きているのか
2.日本企業の危機感と本音
3.欧米の株式市場の歴史から学ぶ
4.経営者が痛い目に遭わないために


第1章 「企業価値」
企業の値段は何のために計るの?株価や時価総額との関係は?


1.企業価値とは何か
2.企業価値と株主価値はどう違うか
3.企業価値はどんな指標で計るのか
4.今なぜ、企業価値が重視されるのか
5.企業価値はどのように算出するのか
6.投資銀行ではこんなふうに企業価値の算出をする
7.企業価値と株主価値、時価総額の関係
8.どうして株価は日々動くのか
9.株価を経営戦略に生かす方法


第2章 「IR」
株式市場との対話ってどういうこと?投資家は何を知りたいの?
1.株価の本質とIRの意味
2.IRは広告・宣伝活動ではない
3.IR活動は経営戦略の一環である
4.IRは株価引き上げに効くのか?
5.投資家にとってIRは比較購買プロセスの一環
6.では、どの投資家を重視すべきか
7.配当や自社株買いの要求にどう対処するか


第3章 「M&Aと資金調達」
投資家が評価するM&Aと資金調達とは?


1.企業をM&Aに駆り立てるものは何か?
2.買収プレミアムの妥当性
3.希薄化とは何か? 買収後1株当たり利益シミュレーション
4.株主に褒められる増資と嫌われる増資
5.本当は株式発行をすすめたい証券会社、投資銀行


第4章 「MBO」
非公開化で会社はどう変わるの? 利益相反って何?


1.どうしてMBOが活発化しているのか
2.MBOはあくまでもM&Aの一種
3.ファンドはどのようにして儲けるのか
4.MBOの対象となるのはどんな案件か?
5.MBOの実際のスキームはどうなっているか?
6.今、MBOで何が問題とされているのか
7.親子間上場におけるMBO
8.経営者として知っておきたいこと
9.実はファンド主導のケースも多いMBO


第5章 「敵対的買収」
誰が誰に対して敵対的? 買収防衛作はどこまで有効?


1.そもそも敵対的買収とは何か
2.敵対的買収は果たしてうまく行くのか
3.買収防衛策は有効か
4.敵対的買収を受けないために何をすべきか 本来あるべき買収防衛策
5.敵対的買収者が現れたときにどう動けばよいか


第6章 「三角合併」
外資による乗っ取りが増えるって本当? 企業経営はどう変わるの?


1.三角合併とは「買収」の手段
2.三角合併をめぐる様々な議論
3.本当に外資に乗っ取られるのか
4.それでもなぜ三角合併解禁で大騒ぎになるのか


第7章 「コーポレートガバナンス」
経営者と株主、取締役の関係は? 誰が何をチェックするの?


1.コーポレートガバナンスとは「社長に対する牽制」
2.待たれる会社法での社外取締役選任の義務化
3.魂の入っていない内部統制に意味はない
4.株式市場は優れたコーポレートガバナンスを求めている
5.オーナー系企業におけるコーポレートガバナンス


書評:日本経済新聞