書籍

HOME > 書籍 > なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]

書籍詳細

なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]

「貯蓄から投資へ」の大合唱に踊らされるな!  Web2.0時代の株式市場の本質を見抜く!!


著者コメント:
安易に株式投資を煽るメディア、そして、それに乗っかってボロ儲けを目指す金融機関。いつも泣くのか個人ばかり。そんな構図、もう見ておれん!と思っての著作です。特別なことは何も書いていません。また、そんなこと書くと実も蓋もないじゃないか!?というご指摘も受けると思いますが、投資に関して何をどうすればいいのかの方向性も示さずに、闇雲に手数料稼ぎに走る金融機関、そして「貯蓄から投資へ」の合奏でその後押しをする政府、罪は深いと思います。そんなことに対するちょっとした気付きを提供できれば本望です。


内容:
「貯蓄から投資へ」の大合唱が響き渡るなか、現在の株式投資の構造や問題点を鮮やかに暴き出す!機関投資家と個人投資家の違い、証券会社の実態、新興市場の欠点、そしてWeb2.0時代を迎えた株式市場について論じ抜く。資産形成と株式投資を考えるうえで最適の内容となっている。


目次:


第1章 そもそも株式投資とは何か


・株式投資に充てられる資産はアメリカ人でも個人金融資産の3割
・我々は株式市場に強制連行されている
・本業不調の銀行が投信販売に走る
・狙われる我々の個人金融資産
・持ち合い解消の影響
・日本の株式市場の構造
・株式投資での平均年率リターンは5~10%
etc.


第2章 株式投資の理想と現実、そしてワナ


・悲しいかな、結局お金持ち優位にできている世界
・勉強すれば儲かるのワナ
・行動ファイナンスと感情コントロールのワナ
・株式投資雑誌のワナ
・チャートは手相
・でも、インサイダー情報が入手できれば…?
・人が周りに株式購入を勧めるワケ
etc.


第3章 機関投資家と証券会社の生態を知る


・ヘッジファンドも基本に忠実
・未上場株への投資機会はプロだけに与えられた特権
・信用取引でも機関投資家が有利
・IRのワナ:個人投資家向けIRと機関投資家向けIRは異なる
・株式アナリストは大口投資家の便益を図る人達である
・証券会社のフィー体系と自分勝手さ
・証券会社にとって怖いのは一般投資家の株離れ
etc.


第4章 日本の新興市場における問題点


・儲かれば何でもありの証券会社と取引所
・新設新興市場は不要だ
・証券会社が主幹事獲得を目指す理由
・IPO時の株価は理論的株価よりも2~3割安い
・新規上場株の歪な流動性が巻き起こす需給逼迫
・新興市場は一芸入試の場である
・ストップ高爆弾をご存知だろうか
etc.


第5章 今後の株式投資を考える


・参加者同士が有機的に結びついている世界:インターネットと株式市場
・株式市場はロングテールの世界でもある
・投資家の行動分析に鍵がある
・投資家による銘柄分類
・そもそも何のために株式投資をするのか
・でも、やっぱり株式投資をやるなら
・のん気に株式投資なんてしている場合ではなく、資産を守ることが最重要かも…
・初等教育における金融教育の是非
etc.


参考資料:
1952年以来の東証における株式投資収益率(日本証券経済研究所)


書評:ダイヤモンドZAI、夕刊フジ、日刊工業新聞