Dairy

« ストーリーでわかる財務3表超入門 | メイン | 育児こそ最大の社会貢献かも »

2011/11/11 金

幸福の商社、不幸のデパート 僕が3億円の借金地獄で見た景色

4479793321幸福の商社、不幸のデパート ~僕が3億円の借金地獄で見た景色~
水野 俊哉
大和書房 2011-10-28

by G-Tools


「保田さん、桁が違いますよ」


著者の水野さんとはもう6年ぐらいの付き合いになりますが、まさに氏が3億円の借金に苦しんでいた頃にも何度かお会いしました。

「とうとうダメになっちゃったんです。借金だらけですよ」

と聞かされたときに、私がどの程度の借金なのか聞いたときに桁が違うと言われて、私は絶句したのでした。浅はかな質問しちゃったな、と猛省。。。

そして、本にも登場しますが、

「家に帰ると家の前の電信柱が借金を取り立てに来た人に見えるんです。怖くてそこから動けなくなって・・・」

とおっしゃっていました。それでも会っている時は気丈に明るく振る舞うんですよね。

少しすると、やっぱり作家として成功したいと言って、当時はまだ1冊も本を書いたことがなかった頃ですが、毎日毎日本を読みまくってあの1冊目の本を出版されます。

「毎日仙人みたいな生活をしていますよ。ひたすら本を読むんです」

とおっしゃっていたのを覚えています。

4334934293成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness)
水野 俊哉
光文社 2008-01-24

by G-Tools

そこからもう10冊以上をたてつづけに出版されています。

水野さんが借金に苦しんでいた頃、本にも触れられていますが、会う時はいつも池袋でした。一緒に食べたランチはやはり中華でした。

書評などはアマゾンのレビューにお任せするとして、水野さんの人生に一区切りがついたことを祝福したいです。もちろん、お金を貸した側にしてみるとたまったものではないと思います。しかし、起業して借金を背負った人間が再生をするという事例は、わが国にもっともっと必要だと思います。

  このエントリーを含むはてなブックマーク

コメントを投稿する

名前:

メールアドレス(任意、非公開):

URL(任意、お名前にURL先をリンクします):

この情報を登録する

コメント:

迷惑コメント防止のため、お手数ですが、下の画像の文字を入力してください

   *迷惑コメント防止のため、コメント反映まで少しお時間をいただきますが、明らかな迷惑コメント以外はすべて掲載させていただきます。

  

トラックバック

このページのトラックバックURL:

このページへのトラックバック一覧:

 

Profile

Archives

PAGE TOP