Dairy

« デフレの正体 | メイン | ストーリーでわかる財務3表超入門 »

2011/01/03 月

いちばんシンプルな問題解決の方法

副題は、たった2つの質問だけ!「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出す、とのことで、なんのこっちゃと思っていたのですが、目からウロコでした。

献本として頂いておきながらこんなことを言うのはなんですが、本自体は薄く、トータルの文字数が少ないため、1文字あたりの料金にすると結構割高になる印象です。また、中で書かれている物語調のパート(特に出だしのモグラの話)が、物語としてはあまり面白くなく、読む気を削がれるため(著者さん、編集者さん、すいません)、これをいわゆる通常の「書籍」としてオススメするのはやや微妙なのですが、タイトル通り、問題解決方法に関しては、一発で目からウロコを与えてくれただけで価値は十ニ分だと思います。

4478006016たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出す
諏訪 良武
ダイヤモンド社 2010-12-10

by G-Tools

タテの質問とヨコの質問って何さ、と思い全くイメージできずに本を読み出したのですが、読み終わって気づくと、本の帯に書いてありました。

タテの質問:「その原因をひとつあげてください」
ヨコの質問:「その原因が解決すると、この問題はすべて解決できますか?」

タテの質問に関しては、2回、3回と同じ質問をして深堀をしていくことも多々有効とのこと。

このように書かれてもあまりピンとは来ないかもしれませんが、この本のスキルを活用して私が今抱える問題の解決方法を探してみると、

問題:研究が進まない

【タテ(その原因の1つ)】:研究時間が足りない
【タテ1(その原因の1つ)】:自分で研究以外の仕事を作り出してしまう→自制することで解決可能(本質的には解決しないが、このタテ質問を続けると長くなるので、当ブログ上はここで打ち止めとする)
【タテ2(その原因の1つ)】:通勤時間が長い→クルマ通勤からバス通勤にすることで移動時間を勤務時間に変更することで解決可能

また、研究時間が足りないという、タテで出てきた原因に対して、
【ヨコ(その原因が解決すると、この問題はすべて解決できますか?)】:研究スキルがまだ低い
【タテ(その原因の1つ)】:読みこなした論文数が十分ではない
【タテ(その原因の1つ)】:読むべき論文に関しての情報交換の機会が足りていない

などなど。ホントはもっとこれをタテ、タテ、ヨコ、タテ、ヨコ、タテ、タテ、ぐらいにどんどん深堀&枝分かれしていくべきで、今回は即興で作ったので、あまりうまくはできていないのですが、本の中では枝分かれの図式でこのタテ、ヨコの使い方をいくつかの事例を元に示してくれます。これが目からウロコでした。

仕事に限らず、夫婦問題や育児など、身近な問題もこのタテ、ヨコで結構分解できて対応できると思います。ただ、いくら解決策を見つけても、最後はそれをやるかやらないか、本人の意識次第ではあるのですがね。

本って、結局は文字数や厚さではなく、いかに読者がtake awayできるものをシンプルに落としこむかが重要だと思いますが、その意味で、この本は秀逸だと思います。登場するモグラの必要性を感じないとか、会話調のところがどうの、というのは好みの面が大きいでしょうしね(しつこい・・・?)。

ってことで、タテ、ヨコ、なるほどでした。最終章ではファシリテーション術も書かれていますが、たしかにファシリテートする際にも使える術ですね。

  このエントリーを含むはてなブックマーク

コメントを投稿する

名前:

メールアドレス(任意、非公開):

URL(任意、お名前にURL先をリンクします):

この情報を登録する

コメント:

迷惑コメント防止のため、お手数ですが、下の画像の文字を入力してください

   *迷惑コメント防止のため、コメント反映まで少しお時間をいただきますが、明らかな迷惑コメント以外はすべて掲載させていただきます。

  

トラックバック

このページのトラックバックURL:

このページへのトラックバック一覧:

 

Profile

Archives

PAGE TOP